ストリートビュー風景を

山門をクリック 訪ねて

  進む経路です

山門浄水弘法の梅大師堂宝物殿涅槃


日本三躰厄除け弘法大師の縁日

       毎月21日開催

 *動画です。

東寺、川崎大師と並ぶ

日本三躰厄除け弘法大師のひとつ

       縁日 毎月21日


参詣者の安穏や、永代供養を託すお墓

       ねはん  れいびょう

永代供養槃の霊廟」

宗旨宗派を問いません。

涅槃の霊廟は豊かな緑に囲まれます。自然の空気が満ち景色も良い場所で、愛する思いと感謝を込めて供養会を行います。たくさんの方が集う霊廟は寂しさを感じません。お寺が永代にわたり供養します。

 月例供養会、第4日曜日10時(1月休会)

11月は総供養会を行います

ご自由にご参加いただくことができます。

  仏事のことなど、ご相談下さい。


国指定重要文化財が三躰あるお寺

            特別拝観

 

http://www.ccn.aitai.ne.jp/~umedera/image4.gif

 

 木造十一面千手観世音菩薩立像

1200年以上の時を経て現存している

http://www.ccn.aitai.ne.jp/~umedera/image11.gif

木造毘沙門天立像

1000年以上前の時を経た像、りりしい表情。

 

 

http://www.ccn.aitai.ne.jp/~umedera/image8.gif

 

木造韋駄天立像

足の速い神様

およそ800年前、鎌倉時代の作。

  

 

宝物殿


◆お寺について

現代人のこころのオアシス
弘法大師ゆかりのお寺

梅の花や豊かな緑に囲まれたお寺です。歴史も長く奈良時代738から続いており、弘法大師とゆかりが深い古刹で「鏡島弘法」の名称で親しまれています。京都の東寺、神奈川県の川崎大師と並び日本三躰厄除け弘法大師のひとつと数えられています。

大師堂

ご祈祷、法要、永代供養、墓地など、仏事のことは何でも承っておりますのでお気軽にご相談ください。皆様のお問い合わせをお待ちしております。


たくさんの仏様(二百体以上)が鎮座


弘法大師にまつわる梅の古木

毎月21日は縁日を行っており、境内にお店が立ち並んでいます。とても賑わっており、多くの人の笑顔であふれる、広く親しまれているお寺です。


 ◆地図

 

〈自動車〉

 国道21号線と岐阜環状線の薮田交差点を北へ、鏡島大橋前の鏡島大橋南交差点左折、丁字路を左折、中山道「乙津寺」石柱を北へ。

〈交通機関〉

JR岐阜駅バスターミナル、名鉄岐阜駅バス乗場にて、岐阜バス「西鏡島」行き、「鏡島弘法前」下車、徒歩2分。